健康もお金も貯まる秘訣とは

お金をかけないで、快適生活を送れるヒント集です。

卵は健康・美容の優等生! その1

f:id:zmariko:20170507140738j:plain

我が家では毎日1人で2個分、ゆで卵にして食べています!

卵の健康・美容効果として、以下のものが挙げられます。

・ 脳の活性化
生活習慣病の予防
・ 風邪の予防
・がん予防
・二日酔い予防
・ 美肌

 

1) 卵は元気の素!

たんぱく質を構成するのは20種類のアミノ酸。卵にはこの必須アミノ酸がバランスよく含まれており、私たちの免疫力をアップしてくれます。 免疫力は、体に入ったウイルスなどを撃退する力。これが低下すると風邪をひきやすくなったり、体力が落ちたりしてしまいます。

 


ある日本の大女優さんが、 健康のために1日に何個も卵を食べている、というのは有名なお話ですが、あのパワーの源は卵にあったのですね。

さて、このアミノ酸のバランスを数値化したものは「アミノ酸スコア」と呼ばれています。
卵のアミノ酸スコアはなんと、最高点の100!

 

また、卵には私たちの体に必要なあらゆる栄養素が含まれています。卵2個に含まれるたんぱく質は、成人が1日に必要なたんぱく質の約26%!もあります。

 

 

2) 健康づくりにも役立つ卵


脳を活性化! アルツハイマー病予防にも期待!
ギリシャ語で卵黄を意味する「レキトース」に由来するレシチンという成分が最近注目されています。 このレシチンにはコリンと呼ばれる成分が含まれており、これが脳を活性化させ、アルツハイマー病を含めた脳の組織の老化防止が期待されています。
コリンを多く摂取したところ、学習能力が25%アップしたという研究もあります 。

 

 

生活習慣病の予防に

最近よく聞く言葉に「メタボリックシンドローム」がありますが、コリンには中性脂肪の量を調節する働きがあり、内臓脂肪を増やす心配もありません。
同時に、コリンには血圧を低下させ、高血圧や高コレステロール血症や脂肪肝などの予防や改善にも効果があるとされています。

 

 

すぐれた抗酸化作用

生活習慣病や老化の原因である活性酸素
卵にはメチオニンという必須アミノ酸が豊富に含まれており、体の老廃物や毒素などを排泄してくれます。 また、ビタミンA、B6、Eなど卵に含まれているビタミン群は活性酸素の発生を抑えたり、除去する働きがあります。

 

 

美肌づくりにも一役!

お肌の潤い、もちもち感を作る主なものにコラーゲンがあります。その主原料はアミノ酸。 そう、卵にふんだんに含まれているアミノ酸です。 コラーゲンの働きは加齢とともに低下していきますが、卵を食べてもちもちのお肌をキープしたいですね。

 

 

風邪に負けない身体に

風邪薬のコマーシャルで「塩化リゾチーム配合」とうたっているのを聞いたことがある方も多いと思います。 塩化リゾチームは、卵の白身に含まれているリゾチームという酵素からつくられたもの。


このリゾチームには風邪の原因となる細菌などを溶かす働きがあります。